晴れたら市原、行こう アートいちはら2018春

HOME > EVENT > ART_ICHIHARA2018 > ABOUT_ARTICHIHARA_2018haru

概要

晴れたら市原、行こう。アートいちはら2018春

月出工舎企画「ー 国際交流展ー コンニチハ メキシコ × 月出工舎
会 期:2018年5月3日(木・祝)、4日(金・祝)、5日(土・祝)、6日(日) 各日9:00-17:00

月出工舎は、今から地続きの10年後の未来を多視点な角度から捉え、美術も、建築も、音楽も、デザインも、ダンスも、農学も、社会学も、生命研究も、分野や世代を超えて共振する場をつくり、新しい世界観・知を創生することを目指しています。
2017年の芸術祭「いちはらアート×ミックス2017」では、「月出の杜」をコンセプトに、月出工舎の始動時から関わる作家と公募で選ばれた作家の合計9組がこの地の花紅柳緑をそれぞれの視点で作品や公演として発表しました。
本年の春企画として行う国際交流展「コンニチハ メキシコ×月出」では、東京藝術大学大学院を修了しメキシコへの留学経験がある岡田杏里と来田広大、メキシコ・ベラクルス州立大学美術造形研究所研究員ヘラルド・バルガスを招聘し、月出工舎のアーティスト・イン・レジデンスプログラムにて滞在制作した作品を発表します。また、芸術と文化による日本とメキシコの国際交流の礎を築いた深澤幸雄(1924-2017)の特別展示をおこないます。
さらに月出町会と作家による -CAFE- TSUKIDEYA が期間限定で営業します。

企画:岩間 賢(美術家、月出工舎統括ディレクター)

出展作家

岡田杏里  来田広大  ヘラルド・バルガス  深沢 幸雄
ーーーーーーーーーーーーーー
岡田杏里|Anri Okada
「月出に潜る」

略  歴:
1989年埼玉県生まれ。2014年から世界各地の小学校を訪れ、現地の人々と共に壁画を描きながら表現の面白さを伝える「旅する壁画プロジェクト・ヘキカキカク」を開始。東京藝術大学在学中には石橋財団国際交流油画奨学生としてメキシコに留学。2016年東京藝術大学壁画研究室修了後、ポーラ美術振興財団在外研修員としてメキシコ・ベラクルス州立大学美術研究所で創作、研究をおこなう。
帰国後、「いちはらアート×ミックス2017」「ポーラ ミュージアム アネックス展 2018 ー無明と可視ー」「アートフェア東京」などで作品を発表。2017年秋から月出工舎アーティスト・イン・レジデンスプログラム作家として滞在制作をおこなっている。

HP : http://anriokada.wixsite.com/anri-okada
ーーーーーーーーーーーーーー
来田 広大|Kodai Kita
「波をたどる/Follow the waves/Sigue las olas」

略  歴:
1985年兵庫県生まれ。2010年東京藝術大学油画技法材料研究室修了後、各地でのフィールドワークをもとに、チョークを用いたインスタレーションや絵画を制作。
主な展覧会に「VOCA展2017」(上野の森美術館/東京/2017)、「高松コンテンポラリーアート・アニュアルvol.05見えてる風景/見えない風景」(高松市美術館/香川/2016)、「流れ山 flowing mountain」(GalleryPARC/京都/2015)、「Ave topográfica」(Galería Karen Huber/メキシコシティ/2017)、「Jardín de selenita/水晶の庭」(Franz Mayer Museum/メキシコシティ/2017)など国内外で多数発表。
2016~2017年にポーラ美術振興財団在外研修員としてメキシコに滞在。

HP : http://kodaikita.com
ーーーーーーーーーーーーーー
ヘラルド・バルガス|Gerardo Vargas
「Alter Ego」

略  歴:
1971年メキシコシティ生まれ.。古い人形や日常的なものを組み合わせた彫刻、壁画、シルクスクリーン、インスタレーションなどの作品を制作。現在、ベラクルス州立大学美術造形研究所研究員。同大学主催の国際大学図書博覧会「FILU」のメインビジュアルを担当。
主な展覧会に「EL Ilustrador」(USBI/メキシコ/2018) 「EL Ilustrador」(Galeria Universitaria Ramón Alva dela Canal/メキシコ/2017)「Gerardo Vargas Frias展」(国際アートスタジオRadovan Trnavac mica/セルビア/2017)などベルリン、スロバキア、日本などで作品を発表。
幻想主義者であるヘラルドの作品は、魔術的リアリズムの作風で、見る人の想像力を呼び起こし多彩な幻想の世界へと誘う。

HP : https://gerardovargasilustracion.wordpress.com
ーーーーーーーーーーーーーー
深沢 幸雄|Yukio Fukazawa (1924-2017)
特別展示「深澤幸雄(1924-2017)」

略  歴:
深沢幸雄先生は大正13年山梨県生まれ。昭和23年東京美術学校卒業後、油画を制作していたが、戦争で受けた傷から歩行もままならない状態となり、独学で銅版画の制作をはじめる。
昭和37年には現代日本美術展優秀賞を受賞。翌年にメキシコ国際文化振興会の招待でメキシコに渡り銅版画技法を教える。以後、メキシコの風土・文化・強烈な色彩に魅了され、それまでの白黒版画から色彩版画を制作するようになる。
昭和47年フェレンツェ国際版画ビエンナーレでバンコ.ディ.ローマ賞受賞。平成6年メキシコ政府より文化勲章(アギラ.アステカ勲章)を受ける。ニューヨーク近代美術館、メキシコ国立版画美術館、東京国立近代美術館等多くの美術館が深沢作品を所蔵する。

イベント

オープニングイベント
日 時:5月3日(木・祝)12:00~13:30
     12:00  月出工舎開校式
     12:30~ アーティストトーク
        (展示作家による作品解説)
ーーーーーーーーーーーーーー
月出工舎撮影会
日 時:5月6日(日)15:30
来場者、スタッフ、作家が集う一期一会の撮影会!

-cafe- TSUKIDEYA

第1回目「いちはらアート×ミックス2014」に地域住民や作家が共に取り組んだ「TSUKIDEYA」が装いを新たに復活。今回は、月出や南市原市の食材などを使用したメキシコの屋台料理やデザート、ドリンクなどをご用意しています。

営業時間:11:00-17:00 (Lo 16:30)

メニュー内容:
▽エローテス(焼きトウモロコシ)
▽ケサディージャ(チーズタコス)
▽ソパ・デ・リマ(チキンとライムのスープ)
▽ワカモレ(アボカドのディップ)
▽カラバサ・エンタッチャ(南瓜のデザート) 
▽メキシコ産有機栽培コーヒー(フェアートレード)
▽各種メキシコビール
▽ハマイカ・カクテルなど
            *仕入食材によってメニュー内容が変わります。